予防接種のご案内

予防接種のご案内


予防接種について
 予防接種は体にウイルスや細菌に対する抵抗力(免疫)をつけて、それらによって起こる病気を予防する優れた方法です。予防接種によって世界の多くの人が麻疹(はしか)、ポリオ、風疹などのウイルスの抗体を持つようになると、これらの病気を撲滅することができます。実際、最初につくられたジェンナーの天然痘ワクチン(種痘)により、1980年、天然痘根絶宣言がなされ、以後、ワクチン接種は不要になりました。できるだけ予防接種を広め、病気から社会を守らねばなりません。
 
 現在、国が接種対象者に責任をもって勧める定期の予防接種は三種混合、四種混合、不活化ポリオ、2期(ジフテリア、破傷風)、麻しん単独、風しん単独、麻疹・風しん混合、日本脳炎とBCG(結核)の9種類と高齢者(65歳以上)に対するインフルエンザ、又 平成25年4月1日より、ヒブワクチン・小児用肺炎球菌・子宮頸がんワクチン、平成26年10月からは水痘と高齢者の肺炎球菌が定期接種となりました。
 これら以外は おたふくかぜ、インフルエンザ(65歳未満)、A型肝炎、B型肝炎、ロタウイルスなどが一般的に行われています。また任意の予防接種料金は各医療機関が独自に決めており、医療機関ごとに異なります。
 宝塚市医師会は、定期、任意の予防接種に関して宝塚市から委託をうけ、市内の医療機関でこれらの予防接種を実施しています。
 尚、市内の医療機関で全種類の予防接種を実施しているわけでは無いので、接種前に各医療機関にご確認下さい。
 現在、宝塚市においては全ての予防接種は集団接種ではなく、各医療機関で個人が受ける形の個別接種です。
2種類以上のワクチンを同時に接種する同時接種行為は、接種を実施する各医師の裁量に委ねられています。
 以下、各予防接種について紹介します。
予防接種法に基づく接種(定期予防接種) 本人負担無料

 4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

又は不活化ポリオ+3種混合(ジフテリア・百日せき・破傷)
■1期初回
 生後3か月~90か月未満に20日以上(標準的には56日までの)間隔をおいて3回受ける。
 できるだけ生後3か月~1歳未満の間に受けてください。
■1期初回追加
 1期初回終了後、6か月以上(標準的には12か月~18か月の)間隔をおいて1回受ける。
 90か月未満が対象です
※3種混合ワクチンがない場合は4種混合ワクチンの使用が可能です
 医療機関に必ずご相談下さい

第2期(ジフテリア・破傷風)
満11~13歳未満で1回接種します。 (小学校6年生で1回受ける)

 麻しん単独・風しん単独・麻しん風しん混合

■1期:生後12ヶ月から24ヶ月に至るまで
■2期:満5歳以上7歳未満
    小学生就学の1年前から小学校就学の前日までに1回
※医療機関で接種年齢を確認のうえ接種してください

 BCG

生後3ヶ月~1歳未満で1回接種します。

 日本脳炎

■1期初回:生後6ヶ月から90ヶ月未満
 6日~28日あけて2回接種
 なるべく3歳~4歳で1~4週間で2回受けるようにしてください
■1期追加:1期初回終了後6ヶ月あけて接種
 なるべく4歳~5歳の間で概ね1年の間隔をおいてください
■2期:満9歳以上13歳未満
※特例対象者の方は医療機関にご相談ください。
 特例対象者 ( 平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方 )

 ヒブワクチン(生後2ヶ月以上5歳未満)

■基本の接種間隔
 初回接種は 27日以上  間隔をあけて3回
 追加接種は 初回終了後7ヶ月以上の間隔をあけて1回 
 ※接種2回目の年齢によって回数が異なります。
 ※接種開始月齢によって接種間隔、接種回数が異なる場合があります ので医療機関にご相談下さい

 小児用肺炎球菌ワクチン(生後2ヶ月以上5歳未満)

■基本の接種間隔
 初回接種は 27日以上  間隔をあけて3回
 追加接種は 初回終了後60日以上の間隔をあけ1歳以上1回
 ※接種2回目の年齢によって回数が異なります。
 ※接種開始月齢によって接種間隔、接種回数が異なる場合がありますので医療機関にご相談下さい

 子宮頸がん(小学校6年生~高校1年生に相当する女子)

■接種回数 計3回
 接種ワクチンは2種類あり、接種間隔が異なります。
 また3回共に同じ種類のワクチンを接種する必要があります。
 かかりつけの医師にご確認下さい。

 水痘(生後12ヶ月から36ヶ月に至るまでの方)

■接種回数 2回
  (但し任意接種として1回受けた方は追加接種を1回受ける事が出来ます)
    基本の接種間隔 生後12ヶ月~15ヶ月に至るまで1回
    追加接種 初回終了後6ヶ月~12ヶ月に至るまでに1回

 高齢者肺炎球菌ワクチン (平成26年度から平成30年度まで)

65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳の方を対象にクーポンを発行しています
クーポン対象者はクーポン持参で自己負担金 4000円を支払い 1回接種
生活保護・中国残留邦人等支援給付受給付者は健康センターに問い合わせをしてください
※但し、今までに接種をされていない方に限ります。
予防接種の詳細は、宝塚市のホームページでも案内しております。


助成 接種期間 冬期のみ

 インフルエンザ(接種可能: 助成接種期間 冬期)

■接種時 65歳以上の方
 自己負担金 1500円を支払い 1回接種
 60歳~65歳未満の方で心臓・腎臓・著しい呼吸機能障害又は ヒト免疫機能障害を有する方で障害手帳1級の認定を受けておられる方は障害者手帳のコピーを添付で一部負担金1500円にて接種できます
 ※生活保護・中国残留邦人等支援給付受給付者は健康センターに問い合わせをしてください
 宝塚市立健康センター 0797-86-0056
インフルエンザ予防接種
平成28年度は終了いたしました。
 

本人負担有料の任意接種
麻しん・風しん 満1歳以上
麻しん 満1歳以上
風しん 満1歳以上
おたふくかぜ 満1歳以上
水痘 満1歳以上
インフルエンザ 満1歳以上
日本脳炎 満6ヶ月以上
子宮頸がん 満9歳以上の女性
肺炎球菌 60歳以上(但し制限有り)
ロタウィルス 生後6週から(標準2ヶ月)
狂犬病 満6ヶ月以上
平成28年10月1日から開始
この日以前の接種は対象年齢であっても任意接種(有料)となります。

 B型肝炎ワクチン(生後直後から12カ月に至るまで、平成28年4月1日以降に生まれた方)

■接種回数 3回
■接種間隔
  1回目→2回目 27日以上の間隔をあける
  1回目→3回目 139日以上の間隔をあける

■定期接種の対象外の方
 HBs抗原陽性の方の胎内又は産道においてB型
 肝炎ウイルスに感染したおそれのある方で、 抗HBs
 人免疫グロブリンの投与に併せて組み換え沈降B
 型肝炎ワクチンの投与を受けたことのある方はB型
 肝炎ワクチンの定期接種の対象外です。

  詳しくは「かかり医」とご相談下さい
 
top